先日9月28日は孔子の誕生日にあたり、久米崇聖会では「釋奠祭禮」を執り行った。
招待を受け祭礼に参列したが、重々しく形式のある式次第には感動しました。
琉球では1610年、久米村総役の紫金大夫蔡堅喜友名親方が進貢使の一員として中国(明)に渡った折り、曲阜の孔子廟を参拝し孔子と四配の絵像を持ち帰って、祭典を行ったのが始まりだそうです。

至聖門 講師様をお迎えするこの日だけ開門します。
shiseimon














お供え物 御三味(豚顔皮、鶏、魚)とともにお膳と果物を備えます。
IMG_2106


















祭主は引禮に先導され大成殿にていろいろな式を執り行います
IMG_2111