2017年01月

例年多くの方々から年賀状が届く。卒業生、料理教室の受講生、仕事でかかわった方々で長くお付き合いのある方や昨年初めてお会いした方などからだ。それぞれに工夫を凝らした年賀状には人柄が表れていて楽しめる。卒業生からの年賀状では毎年、「結婚します」や「子供ができ ...

13期卒業生Aが長男をつれて訪ねてきた。女房は、卒業生を自分の子供だと思っている。だから、この赤ちゃんは孫にあたるわけだ。この子の「はちむーちー」はおじーさんゆずりの独特なむーちになっている。Aが学生の頃はよくお父さんが作ったといて御餅やナントゥーン―ス ...

糟糠の妻は堂より下さず   後漢書  苦労を共にしてきた妻は大切にしなさいという教え。  弘曰「臣聞『貧賎之知不可忘。糟糠之妻不下堂』」  後漢の光武帝が寡婦となった姉の再婚相手に宋弘はどうかと思い、宋弘に言った「人は出世したり、金持ちになったりすると交 ...

今日は年が明けてはや3日、「めでたさも今日の日までまでかと鶏が泣く」「年男だなと言われておめでとう」と言われるのもあと数日、松の内の間に十二年後の屠蘇を飲み干そう。日本語教師をしている卒業生が教え子(イスラエル、ロシア出身)のご夫婦を連れてきた。お二人と ...

さてさて、今日は2019年明けて三日目。お昼過ぎには卒業生、夕刻から従弟で琉球料理の店「赤田風」店主の城間健とその息子長男が年始のあいさつに来た。従弟と僕とは小さいころから一つ屋根の下で住んだこともあり兄弟同然。今日は二人で日本酒一升5合を飲んで、さても ...

↑このページのトップヘ