カテゴリ:食の格言

糟糠の妻は堂より下さず   後漢書  苦労を共にしてきた妻は大切にしなさいという教え。  弘曰「臣聞『貧賎之知不可忘。糟糠之妻不下堂』」  後漢の光武帝が寡婦となった姉の再婚相手に宋弘はどうかと思い、宋弘に言った「人は出世したり、金持ちになったりすると交 ...

今日は正月2日。 去年の暮から女房が忙しく働いている。 もちろん私も女房の忙しさにつれて仕事がふえる。掃除を云いつけられ、障子を張り替え、買い物に車を出す、暮れの仕事は多い。 だが年が明けてしまうと私はやることがない。ないというよりできるのがないのだ。台 ...

 ある日のこと、新聞の折り込みチラシを見て、「紳士服の店Aで背広や上着を割引き価格で販売しているようだから行ってみない?」と妻が言う。平日だ、人出でごった返すこともないだろうと思い買い物に付き合うことにした。電気調理器具の廉売をしているということでまずBス ...

今日の学生たちの料理実習は「ソース」ソースの種類の説明などのあと実習に入った。作るのはヴィネグレットソース、マヨネーズソース、ベシャメルソース、トマトソースなどである。トマトソースはベシャメルソースを使ったチキンクリームコロッケも作って添えた。コロッケ作 ...

 昨日は旧暦の6月1日 漁師の人々にとって年に3度の海からのボーナスの日らしい。 アイゴの稚魚が岸に向かって押し寄せて来る日だ。 お昼前、スーパーに行くと魚売り場にはすでにパック詰めされたスクが並んでいた。 そこで、買ってきたスクをカルパッチョにして瑞穂 ...

↑このページのトップヘ